両子の林家

fhayashi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 11日

12 祖父・林 暢のこと――壮三郎の長男

              【壱 両子林家歴代の章】
d0069627_1624527.jpg写真 神戸時代の林 暢(中央の人物)
 祖父・暢(とおる)は壮三郎の長男として生まれ、大分県内に旧制中学がまだ一校しかなかった時代に大分中学校に行き、卒業する年の数学の校内試験の時、友人である医者の息子に試験中に答を教え、見つかるのは当然だが見つかり、教師から謝れといわれたが謝るどころか同級生を扇動し、「例え試験とはいえども解らない者に教えて何が悪い」と学校に盾突き試験をボイコットし、その結果卒業年度に退学処分となる。その後、暢は東京へ出て二松学舎に入り、東京理科大学の前身にいく。暢は理数系に特に強かったそうである。父・理も兄・祐輔(大分上野ケ丘高校の時、数学は東大クラスと担任より言われた。) 弟の龍介も数学に強い、私だけ例外で高校時代は数学は欠点すれすれであった。  写真 松成イシの小学校修了証書
 (武蔵町成吉・厚田家から通学。後、両子の林家に嫁ぐ)

d0069627_15101615.jpg 話が脱線したが、暢は学校を出ると一時神戸ガスに就職するが、のちに両子へ帰る。前記の様に藤子を娶るが離婚する。次に嫁とするのが父・理の母イシである。イシは旧松平家御典医の松成家の娘であるが、父・松成寛齊が若くして亡くなった為に、母・マキ(ヤツ)の姉・イヨの嫁ぎ先である旧成吉村庄屋厚田家に母のマキ(ヤツ)と子供のミツ・チヨ・イシが身を寄せ、厚田家で成長して、十九歳で暢の嫁となり父等を産んで二十九歳で亡くなる。d0069627_15175797.jpg長女のコクは母・マキ(ヤツ)の姉・カヨの嫁ぎ先の木元家の養女となり、その後重光義穂に嫁すこととなる。写真杵築北台 松崎邸(重光義穂とコクの娘、きよ の嫁ぎ先)
 マキ(ヤツ)等三姉妹は旧綱井村庄屋萱嶋家の出である。尚、成吉の旧家川嶋家(嶋屋)と厚田家木元家は重縁関係にある。林暢はイシの従兄弟が当主の嶋屋へよく馬に乗って遊びに行った様である。嶋屋の出である大谷田鶴さんや綾部敦氏の母(厚田家の出)は恰かも昨日のことの様に、暢についての話をしてくれた。
 暢は壮三郎に似て馬好きであった。よく馬に乗って方々に出かけていた。文殊仙寺の秋吉老僧も立派な馬に乗った品の良い人だったと母・三千代に話したとの事である。重光直愿の家に出雲大社の千家宮司が来たことがある。中々会えない人なので事前に杵築迄来る様にと連絡があり、馬に乗って行くとその姿を見た宮司は、どちらの方ですか立派な方ですねと直愿に言ったそうである。年をとると乃木大将に似ていると言われたそうである。暢が普通の人物だったら林家も逼塞せず、私の父母も苦労せずにすんだと思う。

 略系図  【 [ ] 内は実家の旧姓 → は養子先 】 
 ┌──┬────┴─── ……… ─┐   =[秋元 氏]【没】
源子  |  =[重光] 順子【没】   林 恒策≪=[松木] トシ 
   林 壮三郎≪≠[矢野 氏]【離縁】      │ =[宮崎 氏]
         =[隈井] かぢ         │
         │       [林→松木] 捷==[野村→松木] 哲之
         │         ┌───┴───┬──……
  ┌──────┴────┐   松木 清之 [松木→林] 三千代*
 |  ≠[重光] 藤子【離縁】 │
林 暢≪=[松成]イシ    林 宗生==[佐藤] タヅ
    │ =[高原]セツ(ソウ)    │
  ┌─┴───────……   [林→手嶋] 利子
林 理==[* 松木] 三千代
 ┌─┴──────┬──────┐
林 祐輔   [林→滝口] 俊介  林 龍介 

[PR]

by f-hayashi | 2006-06-11 20:40 | 林家の歴史


<< 11 重光家の女性――林 暢と...      13 大叔父・林 宗生の放蕩三昧 >>